<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 映画 『ラッシュ - プライドと友情』 | main | 小出 裕章(元京都大学原子炉実験所助教)の会見 >>
インテグラル・エジュケーション研究会 特別セッション
インテグラル・エジュケーション研究会
特別セッション
5月23日(土曜日) 13:30〜16:30
 
5月のインテグラル・エジュケーション研究会は、急遽 発達心理学者の加藤 洋平氏を御招きしての特別セッションとして開催させていただくことになりました。
加藤さんは、合衆国のJohn F. Kennedy大学でKen Wilberの提唱する統合心理学(Integral Psychology)を研究したあと、Robert Kegan・Otto Laske・Kurt Fischerをはじめとする今日の発達心理学の重要な研究者のもとで研鑽を重ねておられます。また、現在は成人期の発達を主な研究課題として、執筆や翻訳、及び、企業組織における人材開発にも携わっておられます。
今回の特別セッションでは、発達心理学の最新の動向にも言及していただきながら、本年度の当研究会の中心テーマであるVision Logic段階に意識について示唆をいただきたいと思います。貴重な機会ですので、御誘いあわせのうえ、御参加ください。
 
加藤 洋平(カトウ・ヨウヘイ)さん
一橋大学商学部を卒業後、税理士法人トーマツにて国際税務コンサルタントの仕事に従事。退職後、米国カリフォルニアのJohn F. Kennedy大学で統合心理学の修士課程を修了。ハーバード大学にてロバート・キーガンおよびリサ・レイヒーの下で、「Immunity-to-Change」のファシリテーター・プログラムを修了。発達心理学者のオットー・ラスキーに師事し、発達理論・発達測定の資格を取得。Integral Coaching Canada Inc.にて、プロフェッショナル・コーチングの資格を取得し、成人以降の発達理論に基づいた人材開発コンサルティングおよび組織コーチングの活動に従事。ウェブサイト:http://www.yoheikato-integraldevelopment.com 訳書にオットー・ラスキー著『心の隠された領域の測定:成人以降の心の発達理論と測定手法』(IDM出版)がある。
 
研究会の詳細は下記をご参照下さい。 http://integraljapan.net/seminar/IESG_2015.htm
お申し込みは、下記のフォームよりお願いします。 https://docs.google.com/forms/d/1gXaxRdwuM-t40tqcdR9xXVZDB3jSxojNkqmxC8W63zk/viewform
 
尚、5月の研究会が特別セッションとして開催されることになりましたので、第3回の探求テーマとして設定していた「 私たちは誰なのか?」は6月の研究会でとりあげられることになります。また、年間予定は、改訂したものをあらためて公開します。
 
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK