<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新文芸座の熊井啓監督作品特集 | main | 発達と「ファシズム」 >>
告知 インテグラル理論研究会特別編:ダイナミックスキル理論

告知

インテグラル理論研究会特別編:ダイナミックスキル理論

2017923日(土曜日)

 

20179月と10月の研究会(不定期開催)では、先日、出版された加藤 洋平さんの『成人発達理論による能力の成長:ダイナミックスキル理論の実践的活用法』をとりあげ、今日、多方面で注目されている最新発達理論・ダイナミック・スキル理論(Dynamic Skill Theory)について考察を深めていきます。

ダイナミック・スキル理論は、Harvard Graduate School of Educationの発達心理学者カート・フィッシャー(Kurt Fischer)が提唱する発達理論ですが、同じ機関のロバート・キーガン(Robert Kegan)のそれとは大きく異なる特徴をそなえています。それらは、キーガンの理論以上に、人間の発達のダイナミズムに即したものであり、それゆえに、日常の活動をとおして発達支援に携わる実務者にとり、より利便性の高いものになっているといえます。9月と10月の研究会では、キーガンとフィッシャーの理論をくらべながら、成人期の発達について議論をしていきたいと思います。

 

課題資料

加藤 洋平(2017 『成人発達理論による能力の成長:ダイナミックスキル理論の実践的活用法』(日本能率協会マネジメントセンター)序章・第1章・第2

 

補足参考資料

ロバート・キーガン(2013 『なぜ人と組織は変われないのか:ハーバード流自己変革の理論と実践』 英治出版

鈴木 規夫(2017 書籍紹介:加藤 洋平著『成人発達理論による能力の成長:ダイナミックスキル理論の実践的活用法』 http://norio001.integraljapan.net/?day=20170806

加藤 洋平氏インタビュー第7回 http://integraljapan.net/articles/kato/index.htm

 

日時:923日(土曜日) 13:3016:30

開催場所:株式会社トモノカイ 岡崎ビル3

https://goo.gl/QeXZiw 

定員:30

参加資格:なし(定員に達し次第、締め切ります)

参加費用:3,000

 

尚、後半は1021 (土曜日) となります。

 

御申込は、下記のフォームよりお願いします。

https://goo.gl/forms/d4wqbaFHlcG7iWn12

Trackback URL
http://norio001.integraljapan.net/trackback/266
TRACKBACK