<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東大話法とサイコパス | main | 第15回東京音楽コンクール 本選 弦楽部門 >>
第15回東京音楽コンクール 本選 ピアノ部門

東京文化会館で開催された15回東京音楽コンクール 本選 ピアノ部門を鑑賞してきた。

いわゆるコンクールを聴きにいくのは初めてのことだが、なかなか興味深い体験であった。

今日、われわれはCD等をとおしてあたりまえのように優れた演奏家の演奏に触れることができるが、こうした演奏を聴くと、そうした演奏家達の凄さにあらためて気づかされる。

1演奏者はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を異常に遅いテンポで弾いたが、そのテンポを必然的なものとするものが演奏者の内に感じられないために、総じてもたれる演奏に思われた。

逆に、同じ曲を弾いた第4演奏者は、強靭な打鍵を駆使して早めのいいテンポで弾いたが、あくまでも運動神経だの善さだけが魅力の演奏で、あまり芸術性は感じられなかった。

個人的には、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を弾いた第2演奏者とラフマニノフの狂詩曲を惹いた第3演奏者に才能を感じた。共に東京藝術大学の在学生だが、彼等の演奏を聴いていつも思うのは、実に舞台慣れしているということである。そして、また、彼等がこれまでに受けて教育の質の高さが自然と伝わってくることである。二人の演奏には、作品をとおして自己を表現しようとする意志を感じることができた。

 

協奏曲の場合には、作品のレベルにまで演奏者が自己を高めていないと、それが瞬く間に露呈してしまうところがある。そこには、こうした有名曲を何度も演奏して作品を知り尽くしているオーケストラの存在があるのだろう。独奏者が彼等のレベルに到達していないと、そのことが露わにされてしまうのである。その意味では、協奏曲というものは、独奏者にとっては、恐いものなのだなあと痛感させられた。

 

梅田 俊明の指揮する日本フィルハーモニー管弦楽団の良心的な仕事にも感心した。終焉の数分後、楽屋口の前を通りかかると、急ぎ足で帰宅する楽団員の姿が目にはいったが、4人のピアニストはともかく、少なくとも彼等には、今日の演奏会は無数の仕事のひとつなのだ。そんな彼等の率直な心に触れたようで、何とも微笑ましく思った。

 

東京文化会館は色気の無い演奏会場で、会場の音響が演奏を高めてくれることはないので、正直、そうした意味では、愛着を抱きにくい会場である。

 

尚、正式な審査結果は下記のとおり:

 

1位:ノ・ヒソン

2位:原田 莉奈

3位:丸山 晟民

入選:太田 糸音

聴衆賞:ノ・ヒソン

Trackback URL
http://norio001.integraljapan.net/trackback/270
TRACKBACK