<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「メタ」の濫用について | main | Virtuoso Youth Orchestra 第6回定期演奏会 >>
スザンヌ・クック・グロイターの論文の邦訳

先日、翻訳者の門林 奨さんが、スザンヌ・クック・グロイター(Susanne Cook-Greuter)の論文を邦訳して、日本トランスパーソナル学会(JTA)の研究誌に寄稿してくださった。
今回、その論文を、JTAの許可を得て、Integral JapanのHPに掲載させていただいた。
2005年に発表されたものなので、に少し古いところはあるが、それでも、 “perspective taking”、即ち、視点を考慮する能力の向上が、個人の認知能力の発達にもたらす決定的な重要性を理解するには十分なものだと思う。
是非一読を御奨めしたい。

 

自我の発達:包容力を増してゆく9つの段階
スザンヌ・クック=グロイター著 / 門林 奨訳
http://integraljapan.net/articles/JTA2018EgoDevelopment.htm

Trackback URL
http://norio001.integraljapan.net/trackback/296
TRACKBACK