<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「Green」と「Teal」の違いについて | main | 「享楽」という叡智――不思議な演奏会 >>
紹介:「対局性の管理」のオンライン講座

前回の記事で紹介したように、成人発達理論において「Green」と「Teal」と呼ばれている段階は、共にシステム思考を効果的に活用する段階である。
とりわけいわゆる「弁証法」といわれている思考法は、この段階の思考を特徴的に示すものだが(特に基礎となるGreen段階の思考を体得するためには必須のスキルといえるだろう)、実際の課題や問題に対処するときにそれを活用するのは思いのほか難しい。
そこで「弁証法」を実務領域で活用するための方法として紹介したいのが、Barry Johnsonの「対局性の管理」(Polarity Management)である。
これについては『インテグラル・シンキング』の中でも簡単に紹介したが、今回、Integral Lifeでは、この方法をインテグラル理論の枠組にもとづいて発展させたBeena Sharmaを講師に迎えてオンライン講座を開催するという。
Beenaとは、昔Susanne Cook-Greuter博士のトレイニングを受けていたときに数年にわたり時間を共にしたが、非常に優れた実践家であるので、日本の関係者の方々にも是非紹介したいと思う。

 

INTEGRATING  POLARITIES
https://integrallife.com/polarity-wisdom-mechanics-of-integral-thinking/

 

Trackback URL
http://norio001.integraljapan.net/trackback/341
TRACKBACK